GENERATION TIMES

新しい時代のカタチを考えるためのジャーナルメディア

「新しい時代のカタチを考える」をコンセプトに創刊したASOBOT発のジャーナルメディア。タブロイド版は、2004年の創刊号から第10号まで発行。新聞を読まなくなった世代に向けて、毎号“テーマ”を設定し、特集ページをメインに構成した。発行部数は約4万部で、タワーレコードや青山ブックセンター等の書店で販売する他、関心のない若者にも届ける販路として“フリーペーパー”としても配布できる仕組みを構築。具体的には、全国の『ラフォーレ原宿』と提携し、各館内に専用ラックを設置。館内の100以上の店舗とも協力し、読者層から支持を集める“カリスマ店員”が直接配布する仕組みとした。

また、タブロイド版とは全く内容の異なる「書籍版」も展開。「私と地球の関係性を“心・技・体”の切り口で問い直す3部作シリーズ」として、『earth code−46億年のプロローグ−』『survival ism−70億人の生存意志−』をダイヤモンド社から出版する。本書籍は『未来図書室・サステナブル教育応援プロジェクト』とも連動し、全国の小・中学校3万5000校に寄贈。“新しい教科書“としての教材活用を目的とし、『この地球上にキミを探せ!』『私たちのサバイバル・イズム。』など、学校へのレポート募集企画も実施した。

書籍『earth code』は、TBS開局60周年記念番組『人間とは何か!? わたしと地球の38億年物語〜アース・コード〜』としてTV番組化された(2011年6月4日放映)。

「TBS開局60周年記念番組『人間とは何か!? わたしと地球の38億年物語〜アース・コード〜』」webサイト

http://www.tbs.co.jp/earth-code2011/

GENERATION TIMES
2004年10月〜
ASOBOT:事業運営/編集企画/取材/執筆、ほか
with:株式会社ラフォーレ原宿/株式会社ダイヤモンド社

art direction:直井忠英 
design:相原篤史(ナオイデザイン室)

GENERATION TIMESのイメージ0 GENERATION TIMESのイメージ1 GENERATION TIMESのイメージ2 GENERATION TIMESのイメージ3 GENERATION TIMESのイメージ4 GENERATION TIMESのイメージ5 GENERATION TIMESのイメージ6 GENERATION TIMESのイメージ7 GENERATION TIMESのイメージ8 GENERATION TIMESのイメージ9 GENERATION TIMESのイメージ10 GENERATION TIMESのイメージ11 GENERATION TIMESのイメージ12 GENERATION TIMESのイメージ13 GENERATION TIMESのイメージ14 GENERATION TIMESのイメージ15 GENERATION TIMESのイメージ16 GENERATION TIMESのイメージ17 GENERATION TIMESのイメージ18 GENERATION TIMESのイメージ19 GENERATION TIMESのイメージ20 GENERATION TIMESのイメージ21 GENERATION TIMESのイメージ22
ページ上部に戻る