metropolitana

地下鉄・東京メトロで配布するフリーマガジン

営団地下鉄が「東京メトロ」へと民営化するにあたり、通勤者への新たなサービス事業として地下鉄の専用ラックで無料配布された「メトロマガジン」。毎月10日ごとに読者層の異なる3種類のマガジンが発行されたが、『metropolitana』は主に通勤女性をターゲットに2003年1月に創刊(発行部数20万部)。発行元の産経新聞社が広告営業を行い、ASOBOTでは創刊から2007年3月号までの編集企画等を行う。

特徴としては、読者層の異なる複数メディアが発行されることへの“認知促進”として、毎号の表紙を「赤」に統一。店内で購入する通常の雑誌とは異なり、通勤途中の時間がない中での“視認性”を考慮して、表紙には写真を一切使用せず、コピーとモノグラムのみとした。
また、広告収入のみがビジネスモデルとなるフリーペーパーの特性として、当時の流行であった“クーポン”や“見開きタイアップ記事”などのカタログ構成ではなく、「特集主義」を編集方針とし、“在庫ゼロ”を達成することでの媒体価値の向上をモデルとした。
媒体コンセプトは「もう一歩、私になる」。主な特集記事に「こんにちは。果てなく美しい人生」や「オリンピアの詩 青空へ届け」、「さあ手をつなごう」などがある。

metropolitana(メトロポリターナ)
2003年1月〜2007年3月(vol.1〜51)
ASOBOT:編集企画/取材/執筆
with:株式会社産経新聞社

design:文京図案室

metropolitanaのイメージ0 metropolitanaのイメージ1 metropolitanaのイメージ2 metropolitanaのイメージ3 metropolitanaのイメージ4 metropolitanaのイメージ5 metropolitanaのイメージ6 metropolitanaのイメージ7 metropolitanaのイメージ8
ページ上部に戻る