OPEN YOKOHAMA

“まちからの招待”をコンセプトにした都市観光キャンペーン

2010年から始まった横浜市の「都市観光キャンペーン」。毎年、約2ヶ月のキャンペーン期間を設け、その間に200を超える市民イベントを開催。また、“まち歩きツアー”や公共施設等の“特別限定公開”など、さまざまなまちの魅力を発信する企画で構成されている。キャンペーン名の「OPEN YOKOHAMA」は、開港150周年を迎えた2009年に開催された市民会議で「未来の横浜の合言葉」として掲げられた“スローガン”が由来となっている。

キャンペーン初年度は、すでに知名度の高い横浜市の魅力を再認識してもらうため、「まちからの招待」をコンセプトに設定し、キャンペーン名を『INVITATION to OPEN YOKOHAMA2010』とした。駅貼りポスターや中吊り広告、まち歩き用ガイドブックなどのメインビジュアルは「招待状」をモチーフにし、マスコミ向けのプレスキットには“1000人の横浜市民による手書きのカード“を一枚ずつ同封。各自のオススメ店舗や思い出の場所など、市民一人ずつからの個人的な招待状として、ガイドブックや公式HPにも掲載した。

次年度は、キャンペーン名から「INVITATION to」を削り、ビジュアルはクラフト感を活かした“切り絵”と“矢印”で表現。前年の「まちからの招待」のコンセプトを連想させるビジュアル表現を目指した。2011年度のキャンペーン参加人数、約497万人。

OPEN YOKOHAMA
2010年〜2011年
ASOBOT:コンセプト設計/広報PR制作(ポスター/カタログ/WEB制作、ほか)
with:OPEN YOKOHAMA実行委員会/横浜市文化観光局

art direction & design(2010):加藤賢作(東京ピストル)、木村稔将
art direction & design(2011):前原翔一(DRAFT)、木村稔将
web design:ideasketch

OPEN YOKOHAMAのイメージ0 OPEN YOKOHAMAのイメージ1 OPEN YOKOHAMAのイメージ2 OPEN YOKOHAMAのイメージ3 OPEN YOKOHAMAのイメージ4 OPEN YOKOHAMAのイメージ5 OPEN YOKOHAMAのイメージ6 OPEN YOKOHAMAのイメージ7
ページ上部に戻る